美魔女の秘訣はこれだった?

再生医療センターから生まれた美容液が今なら20%OFFでお試し可能!

詳細はこちら

シグナリフトとクロノセルはどっちがいい?

「シグナリフトとクロノセルではどっちがいいの?」と考えているあなたのために違いを簡単にお伝えします。

シグナリフトもクロノセルはトライアルの価格帯が近く、同じ再生医療系の成分を使っているので、比較されることも多い美容液。

迷ってしまうのも無理はありません。

ただ、比べてみると決定的な違いがあるので、購入前の確認は必須です。

シグナリフトとクロノセルはどっちがいい?4つの要素で徹底比較

成分での比較

シグナリフトの特徴的な成分は肌環境に働きかけるグロースファクターを5種類も配合しているところです。

クロノセルの3種類よりも多く、シグナリフトの会社は再生医療の施設を持っているので質も申し分ありません。

一方で、クロノセルはヒト幹細胞培養液を3種類も使っている点、美肌菌による肌フローラの改善にアプローチできます。

グロースファクター重視ならシグナリフト。ヒト幹細胞重視ならクロノセル。

使用感での比較

使用感については双方馴染みが非常に良くしっとりした使用感です。

シグナリフトもクロノセルもブースター(導入美容液)としての役割を持たせているので、そこまで大きな差はありません。

安全面での比較

シグナリフトは特に気になるような成分は含まれていません。

一方で、クロノセルには肌の刺激になる可能性のあるエタノールがかなり早い段階で表記されています。

化粧品は1%以上含まれている成分は多い順番に記載する必要があり、クロノセルのエタノールの表記位置は3番目です。

また、シグナリフトは界面活性剤不使用ですが、クロノセルは使っています。

そのため、肌に悪い成分を避けたい方はシグナリフトを選ぶべきです。

価格での比較

シグナリフトはお試し価格が8,640円(税込)。2回目以降も8,640円(税込)で定期の解約は自由です(次回発送7日前までに連絡は必要)。

さらに、30日の返金保証があります。

クロノセルは初回は2,980円(税抜)、2回目以降は9,800円(税抜)です。

定期の継続は4回の約束があり、実質32,380円(税抜)です。返金保証もありません。

価格面ではシグナリフトの方が良心的。

コストや成分で選ぶならシグナリフト、定期の縛りを気にしないならクロノセル

シグナリフトとクロノセルでは、価格面や安全面からしてシグナリフトの方がおすすめです。

ただ、肌が強くて、ヒト幹細胞の種類が多いものが良く、3万円くらいは安いと感じるのであればクロノセルも選択肢だとは思います。

シグナリフトはこちら

クロノセルはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました