美魔女の秘訣はこれだった?

再生医療センターから生まれた美容液が今なら72.3%OFFでお試し可能!

詳細はこちら

シグナリフトの副作用は大丈夫?成分を1つ1つ解説

「シグナリフトって再生医療を応用しているのはわかったけど、副作用って大丈夫なの?」感じてませんか?

高度な医療技術ともなると何かお肌に影響があるのではないかと勘ぐってしまうのも無理はありません。

そこで、化粧品成分上級スペシャリストの資格を持つ私が全成分を1つ1つ解説していきます。

シグナリフトは気になっているけど成分が心配で一歩前に踏み出せないならお力になれるかと思います。

シグナリフトの副作用は大丈夫?成分を1つ1つ解説

水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、マルトデキストリン、チレッタセンブリエキス、ヘキサペプチド-33、スフィンゴミエリン、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、オリゴペプチド-41、デカペプチド-4、カプロオイルテトラペプチド-3、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ヒメコウジ葉エキス、水添ホスファチジルコリン、フィトステロールズ、セラミドNP、フラーレン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、カプリル酸グリセリル、グリセリン、キシリトール、デキストラン、キサンタンガム、BG、PVP、カルボマー、水酸化K

こちらがシグナリフトの全成分です。

それぞれ解説していきます。

水は化粧品のベースとしてもっとも多く使われる成分です。

成分を水に溶かすことで化粧品としての役割を持つことができます。

プロパンジオール

多くの化粧品にベースとして使われる。保湿効果と抗菌性がある。

ペンチレングリコール

保湿効果と抗菌性。

マルトデキストリン

成分を均一に伸ばすために配合される成分。

チレッタセンブリエキス

保湿剤。細胞間コミュニケーションに着目したグロースファクターの働きを助ける成分。

ヘキサペプチド-33

グロースファクター系成分。肌本来のハリに導いてくれる。

スフィンゴミエリン

セラミドの前駆体(セラミドになる前の成分)。お肌の保護に対する役割。

オリゴペプチド-24

グロースファクターの1つEGFに似た働きをする成分。お肌を滑らかにしてツヤと輝きをサポートしてくれる。

発見によってノーベル賞受賞者が出たとよく紹介される成分でもあります。

オリゴペプチド-34

TGP-2とも表記されるグロースファクター系成分。お肌の荒れを抑えてくれる成分。

オリゴペプチド-41

KFGとも表記される成分。マンダムが頭皮を柔らかくする作用を発見して有名になった。

デカペプチド-4

グロースファクター系成分でIGFと似た働きをする。

肌の角層奥からハリとツヤにアプローチしてくれる成分。

カプロオイルテトラペプチド-3

別名クロノライン。年齢に応じたエイジングケアに効果を発揮する成分。

加水分解コラーゲン

コラーゲンに水を加えて分解したもの。保湿効果がある。

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸のこと。保湿の役割。

加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸を水で分解したもの。保湿の役割。

カルボキシメチルヒアルロン酸Na

通常のヒアルロン酸より水分をキャッチできる量が多いヒアルロン酸。

水溶性プロテオグリカン

ヒアルロン酸の130%保水力があるとされる成分。以前は希少性が高く3000万/gした。

鮭の鼻の軟骨からたくさん生産する技術が確立されてから化粧品に配合されるようになった経緯がある。

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

ビタミンC誘導体の一種。水にも油にも溶けやすい抗酸化成分。

ヒメコウジ葉エキス

抗菌や抗炎症が期待される植物の葉から抽出されたエキス。

水添ホスファチジルコリン

天然の乳化剤(水性成分と油性成分混ぜる)。肌の構造に近いので馴染みやすく保湿作用がある。

フィトステロールズ

水分蒸発を防ぎお肌を保護するエモリエント効果がある成分。

セラミドNP

ヒト型セラミド3のこと。水分を抱える力が強くヒアルロン酸やコラーゲンより優秀な成分。

フラーレン

高い抗酸化力と持続力を持つ成分。データではビタミンCの120〜250倍。保湿効果を含む幅広い作用を持つ。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

エモリエントの作用や化粧品の感触を良くする作用がある。

シア脂

エモリエント作用。

カプリル酸グリセリル

エモリエントや乳化の作用がある。

グリセリン

代表的な保湿剤。

キシリトール

保湿作用と抗菌性。

デキストラン

保湿効果やグロースファクター系成分を安定させる働き。

キサンタンガム

天然の増粘剤。ジェルの形状を作る役割。

BG

保湿と抗菌性がある。表記の位置からして植物エキスを溶かす役割として配合されている。

PVP

水分と油分が混ざるのを安定させる働きがある。

カルボマー

代表的な増粘剤。アルカリ性の物質と混ざることで粘度が高くなる。

水酸化K

アルカリ性でカルボマーを増粘させるために一緒に配合されることが多い。

まとめ

シグナリフトの全成分を1つ1つ解説していきましたが、副作用が心配になるような成分はありません。

もちろん肌は十人十色で相性もあるため、刺激に感じてしまう方もいるかもしれません。

ただ、香料、着色料、鉱物油、合成防腐剤、界面活性剤、シリコン、エタノール、パラベンなどが無添加で試験も多数しているため、安全性は比較的高いです。

シグナリフトを使った口コミもお伝えしていますので、もっとシグナリフトのことが知りたい方は合わせてご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました